2018年09月02日

夏目かこ(魔法少女Ver.)の作り方1

この記事は夏目かこ(魔法少女Ver.)の固有部位の作り方と工作ポイントの説明のみをまとめています。 頭(H)部位は制服Ver.と作り方は同じです。ただし、部品番号が違っている所があります。
キャラクター固有部位は下図の通りになっています。付け替え可能な顔パーツ(F1~F4)。着脱可能なフード(FD)部位。武器(W)は握り手を作れば持つ事ができます。
夏目かこplmg組み図.jpg
  • 素体を新たに作る場合は印刷PDFのp.6~p.8が必要です。
  • 既に素体があり、一から作らない場合は、素体パーツはPDFのp.5に必要パーツがまとめてあるのでこちらだけ印刷して下さい。IA-16・IB-18と取付用Qパーツの他、専用素体IC-HEAD INNNERです。
目次
頭(H部位)の組立
続きを読む
posted by くじら at 14:38 | Comment(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

折込造形■folded and hiddenの作り方

けっこう前に考案した展開図でのシワの折り込み指示■folded and hidden.(公開展開図ではアリス&ソクラテスから)。作成方法も安定し、これからも多用すると思うので、作り方を抜粋してまとめなおしました。

・展開図からパーツを切り出す前の注意点

■folded and hidden.の■と同じ色の部分も一緒に切り出してください。

folded_and_hidden_tc.JPG

接着する前に■folded and hiddenで示された色の部分を隠すように折り込んで、溝造形を追加します。

公開が2016年以降のPDF形式の展開図では目立ちませんが、それ以前のpdo形式での展開図はビューアー表示で、切り取り線が強調して見えます。しかし、印刷すれば目立たなくなります。

folded_and_hidden_tc.JPG

・折込方法

@ 2辺間の折り込み
基本形。指示色を囲む辺間を隠すように折り込みます。折込指示部は潰して平らにします。フリル等の折り込みも、この方法で作っていきます。

single_folded_and_hidden_tc.jpg 01-DSC01290.JPG

A 2辺間以上(屈折を含んだ)での折り込み
@と同じように折り込んでいきますが、仕上がりにちょっと差があります。

55-DSC01345.JPG joint_folded_and_hidden_tc.jpg

Aの部分がめり込む形になると思います。

56-DSC01346.JPG

折込指示部が狭く作り難い所が有りますが、その場合はどちらか1辺だけを折り込んで折込部を隠すようにします。潰して平らにしなくても作る事ができますが、隙間が目立ってしまう場合もあります(組み立ててしまえばそれほど目立ないレベルですが)

posted by くじら at 17:18 | Comment(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

夏目かこちゃん魔法少女服Ver完成!

 夏目かこちゃん魔法少女服Verが完成しました!!初期構想から約10カ月、長かったようで短かった。

付け替えパーツでフードを被る事ができます。環いろはの時にボツにした、後ろへフードパーツをホールド出来る構造を採用しました。
IMG_1531.JPG
いつも通り展開図を修正し、配布予定です。また、前回の制服Verは旧素体で公開している為、現行素体に合わせた展開図の修正も進めています。

続きを読む
posted by くじら at 19:13 | Comment(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

ペースアップしていきたいな

 構造も一区切りしてペースを上げて行きたいと思っているのですが、まとまった作成時間を作れない。気付けばイベントの多い季節になり、更に暑さの追撃を受けています。
なんとか連休中に「夏目かこ魔法服Ver」.のモデルが完成。簡単なポーズテストで問題なさそうなので、このまま展開図作成に移れそうです。素体修正もないので、来週末には組立に進めれば良いなーと^^
kn_plmg_mk003.jpg
黒地部はタント紙とかで作る予定でしたが、時間との兼ね合いで見送ることにします・・・残念。
kn_plmg_mk007.jpg
付け替え表情パーツは合計4種類にしました。これも共通構造なので、後に追加することもできますし、簡単な修正で済ませています。
face_vly.jpg

 新しいツールとしてC4Dを導入し、テクスチャペイントも一通り慣れた感じです。ペパクラモデルを作るだけならオーバースペックで、多機能すぎる項目に苦戦していました。慣れてくればUVの調整がなくなって、モデルにダイレクトにペイント出来るのでイメージ通りの描き込みができるので非常に便利。下書き清書は慣れている別ソフトで行いましたが、ほとんどC4Dで完結。
c4d_mk00.jpg

 スカルプトからのテクスチャベイク、マテリアルからの質感とパターン作成とか。モデリング機能も強力なので、どんどん活用していきたいと思います!CGパートのスピードアップも目指していきますよー!
posted by くじら at 19:47 | Comment(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする