2013年02月20日

シワ構造テスト

  毎回、作り込むなら服のシワまで作りたいです。しかしながら、シワの造形までを入れてしまうとどうしても展開図が複雑になり、パーツ数も増えてしまいます。シワの造形をもっと簡単にできないか・・・ずーと悩んでますf(;´_`)

いままでは、モデリングでなんとかしよう!と、考えていましたが、今回は、型紙の加工で表現できないか考えてみました。

@折り目を付けてシワに見たてる
 モデリングで作り込まずに型紙に折り目を入れて作れないか。

A頂点を押しつぶして見る
 組み立てた後に加工する方法。四角形の角、2か所を押しつぶしてみると・・・写真のようにへこます事が出来ます。
DSC00717c.jpg DSC00718c.jpg
緑線の底の部分は形の変化がなく、赤線の中心の高さは潰した部分は低くなり、つぶさない部分はやや、折り込んだ部分に影響を受けますが、ほぼ元の高さを保てるのかな?

 うまく行けば、展開図が簡単になるかも♪モデリングでこの凹みをつくると、おそらくBのような展開図を作らなくてはならないでしょうね。また、山折の接着のみで組み立てる事ができるので、組み立ては楽なはず〜。
model_test.jpg
さぁ〜問題は実際に取り入れる事ができるかどうかです。テストモデルを作って検証から。まずどうモデリングするか・・・折り目を入れる、押しつぶす必要があるため、全体的に小さくなるはず。モデルをあらかじめ拡張して作ってみますか・・・

 う〜ん難しそうだwとりあえず、テスト。テスト(゜д゜)/
グレーの部分が拡張した部分。これを押しつぶし、その周りは折り込んでつくってみました。
DSC00711.JPG DSC00714.JPG
 反対側も同じ要領で。背中は思いっきり拡張してモデリングし、押しつぶして見ました(゜д゜)/
DSC00716.JPG
 2つほどテストして、よりイメージ通りに♪右の写真のモノはせっかくなのでポリゴンをザックリ削って、パーツ数を押さえてみました。ここまで7パーツ。
DSC00712.JPG
 もう少し手を加えるなら型紙の強度アップ。押しつぶす場合、その箇所に負荷が掛ってしまう為、接着箇所が剥がれる可能性があります。これは、糊代を大きく作って接着力アップ。それと、押しつぶす向きと逆の方向に糊代を設けると剥がれ難くなるようですね♪

posted by くじら at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペパクラけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

CADソフトでテクスチャ作り

一定の間隔でテクスチャを描きたい場合。ある場所から2ミリの所に正確に線を描きたい!と、思ったのでCADソフトを使って見みようかなと。ソフトは、ちょっと仕事で使った事があるフリーソフトのJW_CADを使って見ました。

足ストライプ.JPG

ペパクラデザイナーでobjファイルとdxfファイルを書き出し。objファイルは展開図のパーツ位置をそのままテクスチャの位置情報(uv)を持つ3Dモデルにすることができる形式。(objファイルの活用は、萌紙さんの所に解りやすい説明があります(゜д゜)/)dxf形式は幅広いCADソフトで利用できる形式です。jwでも編集できるようです。

jw単体では画像に変換できる機能がないので(拡張機能であるみたい)まず、スクリーンショットで画像として保存します。六角大王側でファイルの読み込み→すべての形式で、objファイルを読み込み。あとはいろいろ聞かれますが、そのままok。先にjwで作った線だけの画像でテクスチャの位置あわせ。こんな感じに。

足ストライプ_dxf作製.jpg

あとはこの画像を元にペイントソフトなどで編集→出来上がった画像を同じ位置に貼り付け。

足ストライプ_完成.jpg

ある基点から簡単に直線が引けるので、フリーハンドでアババ描くよりずっと楽ですね♪ もっと高機能なCADソフトは直接dxfファイルに色を付けたりできる見たいですね。AutoCADとかSolidWorksとかありますが・・・お高いんでしょ?(;-_-;)

posted by くじら at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペパクラけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

ニューフェイス

先週、思いついた顔の展開図のアイディアですが、アドバイスのコメントも頂いたので、どうにかモデルに起こせないかと頑張ってました。アドバイス有難うございます^^おかげさまでやっと試作が完成しました♪

モデリングに起こすため、ポリゴンの形が分かりやすいように線を引いてみました。この線を参考にだいたいの形を作ることができたので、後はモデル修正→展開図→修正→展開図の繰り返し・・・と根気よく調整してやっとイメージ通りの展開図が完成しました<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...鼻下パーツは流石に別パーツになりましたが、この形まで2パーツで作ることができました♪
DSC00023.JPG

DSC00026.JPG

DSC00024.JPG

今までの展開図は上下パーツで2分割していたため、横一線に接着部分を作っていました。新しい顔では額と鼻中心に繋ぎ目を設け、接着部分を少なくしてみましたよ(゜д゜)/正面から見たときと、斜めから見た時に繋ぎ目がちょっと目立たなくなったかな??それと目の部分に”くぼみ”を作ることができたので、より立体的に作り込む事ができそうです♪欠点は切り抜く箇所が小さい事・・・作り難いですf(;´_`)

オデコの形は固定で他は微調整が効きそうなので、すぐに採用できそうですが・・・あとはもうちょっと調整して組み立て安くならないかな〜(☆_-)

posted by くじら at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペパクラけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする