2018年04月29日

まだまだポテンシャルがありそうな可動素体

 改良の改良で、ワイヤー可動→分解構造→フルペーパー可動素体→素体からのパーツ全分解と、着実に完成度が上がってきています♪環いろはを作り終え、公開に向けた、素体のマイナーチェンジを行っているところです。
IMG_1293.JPG
 外装部品の差し替え構造変更。パーツ抜け防止対策を施し、新回転ジョイントも形に出来たので保持力アップです^^今は試作だけではもったいないので、前に公開したデッサン人形の現行Varを作っています。まだ公開出来ていないバンドウイルカと合わせて公開準備も進めていますよ♪
sotai_v73.jpg irukaV73.jpg
 全部品換装出来る為、環いろは・デッサン人形2・バンドウイルカは頭とほんの少しのインナー部品の差し替えで、素体を共有できる構造になります!

と、やっと安定性があり、納得できる形になったと思います。私の中ではまだまだ試したいアイディアがあるのですが・・・。

↓↓↓以下、可動素体についての云々↓↓↓

続きを読む
posted by くじら at 20:00 | Comment(0) | ペパクラけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

ペパクラデザイナー4の仕様とかいろいろ

しばらくペパクラデザイナーを立ち上げていなかったので、最近やっと知ったのですが、ペパクラデザイナー4にアップグレード出来ることにびっくり。基本的な使い方は3と同じなのですが、私なりに変更点とか問題点?とか上げてみよう。まだまだ情報が少ないみたいなので、アドバイスや解決策があったらなーと。

■ペパクラデザイナー4での変更点http://www.tamasoft.co.jp/pepakura/download/history.html から転載
(要点)

・扱えるテクスチャサイズ最大解像度が1024ピクセルから8000ピクセルまで可能となった。
・PDF出力が可能となった。
・ペパクラ4で作成した.PDO形式ファイルはペパデザ3では読み込めない。
・ハードウェアレンダリングでテクスチャ表示が綺麗に。
・モデル〜展開図アニメーションが見れる(楽しい)
・折り線のハイライト表示が可能に
・パーツのグループ化が出来るように。
・パーツ回転が簡単に。

■入力関係
・読込3Dファイルは公式でメタセコイア4を謳っている。
・透過PNG形式画像は非対応。

■ペパクラデザイナー4での印刷方法について
※私だけの問題かもしれない。
・現在バージョンではwin7とwin8.1での印刷は正しく動作しないときがある?
・デザイナーから直接win7では印刷できない。(プリンター側の問題orドライバーかも)
・win8.1でのデザイナーからの印刷では白いラインが入ってしまう。(以前からある現象)
・出力からPDFを選択可能となったのでいったんPDF化してから印刷をwin7では行う必要がある。
・PDF出力解像度の設定は
”用紙と印刷の設定”項目の”ビットマップ部の解像度に依存する。
最高解像度で400dpi?

■DXF出力関係
・基本的に前ヴァージョンと同様な出力結果。JW_CADで読込可能
・レイヤー構造は輪郭線・折り線に分割され出力される。

■PDF出力関係
・フリーソフトInkscape(ver0.91)では正しく分解出来ない。
(四角い画像単位になってしまう。)

posted by くじら at 19:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | ペパクラけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

繋ぎ目の目立たない作り方2(仮)

 ペーパークラフトでは繋ぎ目を如何に目立たなくするか、特に顔や肌の繋ぎ目に拘ってます(゜д゜)/前に書いた方法以外にもなんかできないかな?と、考えています。方法としてはまだ未完全な所も有り(仮)としていますけど、とにかく手間が掛りますorz長く飾っておきたい&仕上げに拘りたい人向けです。

@ メンディングテープで貼り合わせる

 「糊代を別パーツ化」する方法では別途パーツを用意・接着しなければ成らない点と、表面に形がでてしまう欠点があります。これを薄いテープでもいけるんじゃない?と考えて実験。貼ったその上からでも文字が書けるメンディングテープ(薄い・半透明・お手頃)を使ってみました。 貼り合わせは出来る物の接着力が弱く、クラフトツールで押し出せない!!補強しようにもテープ同士の接着は更に弱くなる・・・。水性ペンと水のりも弾いてしまうようです。

A 表側にもテープを

 裏側からの補強が無理なら、表はどうかな?と、表に貼ってみました。写真では額と鼻筋あたり。
DSC01648.JPG
お?意外に目立たないかも(゜д゜)クラフトツールでの押出しにも耐えれる強度はあるようでえす。しかし、完全には隠れてませんね・・・。

■ニス塗りで効果アップ

使用する紙によると思いますが、テープの光沢が目立ってしまっているのも原因の一つ。これを修正する為に艶消しニスを使って全体の質感を統一させると更に目立たなくできました♪

また、厚塗りアクリルニスを先に塗っておくと、テープ段差を目立たなく出来るようです。テープ断面に被せるようにニスを厚く塗るのがポイントです。
mendhing_rip_img.jpg
 この方法で作ったのがグウェンドリンと百江なぎさの顔部分。写真はおおよそ等倍??今までの作品と比べると効果が分かり易いかな?クラフトツール押出しでの形も有りません(^-^)
mendhing_rip_gwen.jpg mendhing_rip_nagi.jpg
■まとめと課題

・メンディングテープ意外にも模索中。裏側だけでも薄く強力なテープにするとかetc・・・

・2種類のニスを使っているのは、艶消しニスの方が紙との相性が悪かったからです。水性で有る為、紙がふやけてる&粉が吹く現象がありましたTT

・できるだけ手に入り易い物を使用。文具店・手芸店で入手可能なものです。

■3M メンディングテープ 12mmX30m 巻芯径25mm 810112
ほとんどの文房具店で売ってるメンディングテープ。厚さは0.058mm半透明です。裏側にはもっと強力で薄いテープがあれば・・・。

■パジコ シーラー 厚塗りツヤ出し
厚塗り出来る光沢アクリルニス。艶消しニスの下地用に塗ってます。紙と相性が良く、滲まない&色変わりがないので使いやすいです♪

■和信ペイント 水性ニス 透明クリヤー 300ml
水性艶消しニス。ホームセンターで売ってたやつです。紙に直接塗れないので、下地にはアクリル系が良いのかも。上記パジコからツヤ消しニス があったのでこっちだとニス塗り1回で済むかも?未検証。

・テープを一度カッターマットに貼付てサイズを合わせています。これのせいで粘着力が弱いのかなf(;´_`)

・パーツ色によって効果が無い。今のところ、肌色・白色・ピンク・薄いオレンジ・薄い紫は◎。色の濃い、黒・茶色・青などはNGです(;-_-;)逆に目立ちます!色付きメンディングテープが有れば良いなぁ・・・。

・曲面には難しい・・・。テープ同士での干渉がもっとシビアに(;+_+;)

posted by くじら at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペパクラけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。