2017年05月07日

けものフレンズ トキ 体の作成

 素体の組み立てが終わって対応個所が分ったら、特に難しい個所は無いと思います。重複する説明が多かったのでトキさん固有個所だけをピックアップ。
外装パーツ表v6.jpg
目次

・上半身の作成
・下半身の作成

続きを読む
posted by くじら at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けものフレンズ トキ 展開図説明と頭部の作成

 内部パーツはグウェンドリンと同様のv6をそのまま使用して作っているので、組み立ての流れは同じ。素体部分の組み立て説明は別途PDFにまとめています。固有フレーム部品はIC・IDがありますが、ほとんどが頭部の構造になります。

トキさん本体の固有パーツは下図の通りです。複雑な形状も少なく。グウェンドリンに比べればかなり作り易いはず。
kemofriend_toki_partszu.jpg IMG_0554.jpg
ページ1〜4は薄手の紙(0.12〜0.15mm)程がオススメです。 ページ5以降は骨組みとなる部分なので厚手の紙(0.20mm〜0.22mm)で印刷して下さい。
印刷用PDFの2ページはページ1両面印刷用です。
kmftoki_ryoumen.jpg
目次

・顔の作成
・前髪の作成
・後髪の作成

続きを読む
posted by くじら at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

グウェンドリンACT 胴体と翼の組み立て

 胴体の構造は翼の取り付け位置の都合でベルベットと同じ胸で分割する事にしました。胸位置での分割の方が使い勝手が良い気がするのでしばらく可動素体はこのタイプで進めていこうと思ってます。前回のフルスケール版の胴体はシワ構造を採用していましたが、今回は可動構造で部品数が多くなっているので、シンプルな構造にしています。グリゼルダとグウェンドリンで使用部品が一部異なります。
IMG_0375.JPG
 翼は一番悩ましい部分でした。初期試作から構造も大きさも結構変わった。この部分で時間が掛らなかったら全体的の進捗がもっと早かったかも・・・まぁ可動構造の良い試作になったと思います。  翼は取り外し可能として、本体への接続はAW部品の穴へ差し込む構造になっています。 目次

・胴体の作成
・翼の作成

続きを読む
posted by くじら at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする