2016年10月16日

スタンドアーム

 そういえば、スタンドアームも途中まで作って放置してたような。可動素体は一応、自立はできますがポーズ付けて置いておくにはスタンドが必要になってきます。アームがペーパーピボットで動くので、穴の位置で固定すると好きな高さで調節できる構造です。 試作で一つ作ったのですが、強度が足りずに倒れてしまったので作りなおしてます。強度は改善されましたが、少しアーム長さが足りないかな?ベースももう少し大きくすると安定するかもしれません。ベルベットが出来るまでに調整してみよう。

posted by くじら at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

ベルベットCG モデル完成

 構造的にはもう改善の余地が思いつかない。実際に作って数をこなすて、修正していく方がいいのかなぁー。グウェンドリンの翼の構造はボチボチ考えるとして、ベルベットの方を進めています!テクスチャの塗りまで終わったので、明日から展開してみよー。素体の展開図もちょっとずつ進めていますが、ベルベットも基本的におんなじ構造なので、共通部分をまとめて説明書作った方が効率がいいような気がしてきた・・・。
screenshot_08.jpg


screenshot_10.jpg

 腰分割から胸分割に変更した以外は、素体通りの可動構造になりました。スカート?部分の構造上、足の可動域は制限されます。これはキャラ毎で毎回考えていかないといけないなー。一応は2分割してあるので、ある程度動くようにはなるはずなのですが。

posted by くじら at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

ペパクラ構造の見直し可動とか

 頭部のパーツの見直し。前からの頭と髪の毛の取り付け方法では強度不足かなと。今回は可動構造なので、強度アップも考えなければなりませんね。
screenshot_02.jpg
内部がスカスカなので、補強用パーツを追加してみました。それと、顔パーツの付け替えとかも考えて、3つの部品で分解できる構造に。顔・前髪・後頭部で分割。パズルのピースのように噛み合って固定できるはず!これがうまく作れたら規格化して、頭部品の付け替えが自由にできたらなーと。
screenshot_03.jpg
 グウェンドリンの羽の構造ですが、可動部は3分割だけにしてみる(あまり複雑にしたくない)内側に可動フレームが入るので、これが目立たない工夫が必要。・・・ってことは内側にもパーツを追加して、重さがますのでフレームの補強を・・ry(あっ・・・察し)

posted by くじら at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする