2017年02月06日

可動素体ジ・オリジン

 可動式グウェンドリンはもう少しで完成の所まで来ています。今回は可動ができる&取り外しができる構造を作る事ができました。試作や調整を繰り返し形になってきましたが、ここでふと懐かしい事を思い出しました。ペーパークラフトでキャラクターを作ろうとした切っ掛けでもあり、可動素体の元になった物です。ブログも始めようとは思っていなかった頃おおよそ6年前ぐらいです。まだ「ペパクラデザイナー」と言うソフトを始めて知った時の頃。手元にあったフィギュア武装神姫のアーンヴァルMK2を作っていました。
full_armosポリゴンflont.JPG full_armosポリゴン.JPG
 モデリングもテクスチャの知識もも全く無く、とりあえず現物と同じ物ができればいいだろうと、ものさしで測ってモデリングしてました(笑)神姫は武装を取り換える事ができるので、素直にコレも再現しようとして・・・失敗しています。
full_armosポリゴンback.JPG full_wepon展開図.JPG
 スケールは1/10位なので作りにくい。この失敗から現在作ってる物は1/8スケール位を元にしてます。パーツの分割も全く考えて無かったので、A4用紙12枚位になってます。始めて作るには難易度高かったよね・・・。テクスチャも写真からペイントで加工してたっけかな!?
DSC_0034.JPG DSC_0034.JPG
 部品数が多いのも関わらず可動まで考えていました。針金をベースに直で変形させてます。簡単に部品は潰れてしまって折れます。これも実際に作る前には上手くいくと思っていたんですヨ。
DSC_0044.JPG DSC_0041.JPG
 ようやく完成した素体。自立も出来なければ可動もできない。手は小さすぎて作成不可能。サイズだけは中実である。
DSC_0057.JPG
 顔もかなり失敗したみたい。ここで作れる作れないが何となく今に繋がっている気がします(笑)しかしここまで作って没にしなかったのも大したものだよ!
DSC_0051.JPG DSC_0050.JPG


DSC_0055.JPG
 武装までは一応作りました。ここで3カ月以上がたっています。重量過多。関節部破損。難度高・・・やっと諦めたか!ここまででギブアップしました。あとはネットで情報を集めて、そこでまどかマギカにハマって〜今に至るわけです。時には諦める勇気は必要!でも失敗した記録は残しておいたら後々役に立つ事もあるのかなー。

posted by くじら at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

ベルベット進捗その1

 先週からこつこつ展開図つくってます。可動素体の説明とか書いてるので、そんなに進行してません。素体の解説とかめんどうだけど、きっちり作っておけば今後スムーズに作業できる・・・だろうと思って頑張ってるんですよ(゜д゜)

 ベルベットの展開図は2Dベースでの作業が終わりそう。ペパクラデザイナー4になってからPDFでの出力ができるようになったので、ここらへんは楽になりましたね♪素体は胸分割にしましたが、強度が心配だったので、ちょいとインナーパーツを追加。効果があるかどうかは作り始めてからのお楽しみ。
screenshot_24.jpg
 顔パーツの付け替え用に表情を2種追加。武器のサイファーも作りました。今週中には組立始めたいなー。
screenshot_23.jpg

posted by くじら at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

2体同時進行

 勢いで2体同時モデリングを開始しました。部品少なそうだからベルベット作ろうかな。グウェンドリンは旧モデルから部品を拝借。スケール調整だけで、なんかもう出来そう・・。素体がもう固定なので、部品を上にのせていくだけで済むのでここまではスムーズ。あとはキャラ毎に特徴を強調してあげれば・・・。可動モデルなので、ポーズ付けは省略して、対象のままUVも展開してしまおう。
gwn_vlv_model1.JPG


vlv_m1.JPG
 素体は腰部分で可動するようになっていますが、ベルベットは胸付近で可動できるようにした方が見ため的にも自然かもしれない。キャラ毎に複数種素体を作っっておこう。グウェンドリンは翼が展開と収納を出来るようなギミックを^^

posted by くじら at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする