2019年09月07日

【メタセコイア】サイコロを作ってみよう パート3(UV縫合)

 パート2では「焼き込み」機能で選択した面を見たままUV展開図に貼り付けて、「移動」「拡大」ツールで編集しました。

 でも、一面一面がバラバラで編集が面倒ですね。UV展開図と3Dモデルはリンクしています。モデルで繋がっている部分のUVは、コマンドで連結することが出来るのです。

このパートではUV縫合機能を使って、3DモデルとUV展開図の関係に慣れてみましょう。

UVマッピングの設定等のおさらいは

UVの縫合と分離

ページ先頭へ戻る

UVの「縫合」コマンド
 切り離されたUVマップの辺を接合したい場合、「縫合」コマンドを使います。UVの境目をクリックすると対応する辺のUVのまとまりが引き寄せられ、頂点が結合されます。

howmpo_uv2_01.jpghowmpo_uv2_02.jpg


・3Dモデルの辺をクリックでも編集できます。
・Shiftキーを押しながら選択すると、連続して辺を選択できます。
・選択辺に合わせて、UVスケールが調整されます。
・3Dモデルで繋がっていない辺は、指定できません。→【tips】参照

UVの「分離」コマンド

 反対に繋がった辺を切り離す場合は「分離」コマンドを使います。分離させたい辺の頂点を選択して、切り離したい場所の頂点をクリックです。 

howmpo_uv2_03.gif


・3Dモデルの頂点をクリックでも編集できます。
・Shiftキーを押しながら選択すると、連続して頂点を選択できます。
・その場で切り離され、分離した頂点が動きます。
・3Dモデルで繋がっていない辺は、指定できません。→【tips】参照

UV「移動」コマンドの頂点スナップ機能


ページ先頭へ 戻る


 もう使っていて、お気づきの方もいると思いますがUVの「移動」コマンドには近い頂点に吸着(スナップ)できる機能があります。

 操作はUV頂点を選択し、ドラッグで移動させながら、別の頂点の近くで右クリック!!で頂点を結合できます。 

howmpo_uv2_04.gif


・このスナップは3Dモデルの繋がりに関係なくどの頂点にも行う事ができます。
・別のオブジェクトUVへのスナップは、「編集オプション」パネルの「現物」のON/OFFで変えれます。

【tips】UVのまとまり、アイランド


ページ先頭へ 戻る


 繋がったUVのまとまりは「島」、「アイランド」などと呼ばれる事があります。メタセコイアでも繋がったUVは”まとまり”として認識しています。

howmpo_uv2_05.jpg

 連続面で繋がってるUVを一括して選択できたりします。
「移動」「回転」等のコマンドはShift+Ctrlを押しながら、左クリックするとアイランド単位で選択する事ができます。

howmpo_uv2_06.jpg


 メタセコイアでのアイランドは、3DモデルでもUV展開図でも実際に繋がっている面のまとまりです。まったく関係の無い所の辺同士を繋げても、アイランドとして認識されません。

howmpo_uv2_07.jpg


 「縫合」と「分離」コマンドで繋がってるのに上手くいかないのは、この”まとまり”がどこかで、途切れているからです。この事を覚えておくとその他のUVコマンドでも役に立ちます。

UVの切れ目強調表示


ページ先頭へ 戻る


 UV展開画面の”画面オプション”の<切れ目>をONにすると、3DモデルへUVが繋がっていない辺を強調表示できます。

 ビューヘッダで「辺」を表示している場合は分りにくいかもしれません。OFFにして縫合や分離コマンドを使って試してみてください。

howmpo_uv2_08.jpghowmpo_uv2_09.jpg

 初期設定では赤色で辺の切れ目が分るようになります。

posted by くじら at 12:37 | Comment(0) | ペパクラ設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: