2019年05月05日

令和版ペパクラ技法・設計とか

 しばらくブログの方ではペーパークラフト技法について、更新していませんでした。Twitterではちょこちょこ呟いていますが、元号も変わったことですし、ブログの方にも「令和版ペパクラ技法」として記載していこうと思います^^

 最近は3Dプリンタ、デジタル造形、VRチャットとかの進歩が凄いです。「紙でキャラクターを作る」事が時代に逆行してる感がありますが、ペーパークラフトはまだまだ戦えます!平面から物を組み立てていく楽しさ。紙にしかない手触り感。複製の手軽さやコストだって負けません( ̄ц ̄)

 技法・道具・仕上げなどの工夫できれいに作れ、保存も効くようになります。フィギュアの作り方は検索すれば数はあるけど、ペーパークラフトは少ないですよね。「紙でキャラクターを作る」事を続けてきたブログこそ、そう言う情報を発信していくべきなのでは?と、思うのです。これは時代への叛逆のモノガタリ・・・

 使う道具もかなり増えてきました。ここは文明の進歩にあやかり、いろんな物を試していきたいですね。
IMG_2008.JPG
 触って遊べるモデルは長く保存できる方法も模索しています。特に前々からそうでしたが「顔」の作り方や仕上げ方には力をいれています。作るには結構手間が掛るので、ニス・塗料など複数ためしているのでそちらの報告も。
IMG_1956.JPG

 もうひとつはペーパークラフトの設計とか記事を書いて行こうかと。作り方や技法もそうですが、CGモデルの出来栄え、展開方法などでも仕上がりはガラリと変わるのです。私自身もペーパークラフトをきっかけにCGを触り始めたので、ペパクラ歴=CG歴と言えます。

一から自分のイメージ通りに作れる事も工作の楽しみです。デジタル造形にも興味があって触ってみようかな?って人にもペーパークラフトモデルは良い題材かも知れません。

【2012年】
cglv_2012.jpg
【2013年】
cglv_2013.jpg
【2014年】
cglv_2014.jpg
【2017年】
cglv_2017.jpg
【2018年】
cglv_2018.jpg
【2019年】
cglv_2019.jpg
 

固定ポーズから可動組み換え構造へ。思い通りの形を作るには、CGスキルの成長無くしてはできませんでした。キャラクターペパクラでのモデリングのコツ、展開図の開き方など、提供できる情報は多いと思います。

とりあえずは思いついた事、まとめてある物をバラバラと書いていこうかなと。CGスキルに関しては詳しい事は書けないので、初心者向けテイストになると思います。ペパクラ布教の為にもブログを盛り上げていくのです!

posted by くじら at 14:31 | Comment(0) | ペパクラけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。