2019年02月03日

好き好みの小分けでもいいじょない!

 鶴りん公開後、一段落した所です。でも今とても悩んでいます。なぜなら・・・
@作りたい題材が多すぎる問題!!

 これは贅沢な悩み。友達からのリクエスト、自分で作りたいもの。オリジナル。旬なネタ等、作りたい題材が多すぎる事で悩んでいます!

平面に描き出しているものの、これだ!と言う決めてに欠けているのです。何も作らずに止まっている・・・大問題です

A仕事の閑散期が分らない!

 私のメインジョブはペパクラと全く関係ない製造業。転職や部署移動などいろいろあり最近では、仕事にも慣れてきたものの、繁盛期と閑散期の境目が無くなってきています!休日はなんとか確保できるも平日作業ができなくなってきていますね・・・。ペパクラはまとまった時間が大事なのです(ノД`)・゜・。

B家族の健康状態が心配だ!

 本音を言うとここが一番大事な所だったり。去年に1カ月ほど父親が入院していました。いまの所、後遺症は無く少しずつ仕事も出来るようになりました。本人も元気です。しかし、元の様に・・・とは私は思えません。今までは身勝手にやってきた時間を少し、家族に充てて行きたいと思います。

・・・以上の事柄から「好き勝手作りたいんじゃあああ!!」ってなってます( ̄ц ̄)

あ、冷静さが足りませんね。うん。次からどう進めていくか考えてみました。

キャラクターを1体完成→展開図公開まで、それなりに期間を必要とします。今のペースでは公開できる作品は、早くても4か月に1体ペースだと感じています。でも、今の組み換え可動式ならばどうでしょう?無理に1体完成を目指すだけでなく、部品単位で小分けして公開することも可能なのです!

「頭だけ展開図を公開して、服と合わせる。」

「出来た部分だけ仮公開(○ィアゴスティーニみたいな)

着せ替え可動素体の利点を活かし、公開展開図を増やすことが出来ると思います。しかし、これだけは作成期間の短縮にはなりません。
ペースアップするには、どこかで時間を削る必要がでてきます。

・・・なにを削減するか、それは、
@説明記事の省略と写真の省略。
 v7.3素体構造はしばらくは、修正しなくても長く使っていける構造だと思っています。素体を変えないと決めたなら、説明する部分は限られています。キャラの部品単体で考えれば、モデルデータ画像だけで写真は少なくできるはず。
A仮公開を経て完全版の配布
 素体構造を大きく変えない限り、データミスは少なくなりました。パーツ番号の割り振りなどは省略し、修正無の展開図と.PDOデータを仮公開として配布できると思います。完全完成を待ってもらうより、皆さんを飽きさせないかも^^
B展開図公開は別サイトで
 ページ作成はhtmlやブログ機能だけでは時間が掛っています。データサイズも大きくなってきているので、アップローダを変えたりしています。テンプレートが決まっているサービスや、知名度の高いサービスに公開ファイルを投稿すれば、宣伝にもつながると思っています。これは前々から考えていますが、まぁすぐには無理でしょうね・・・。

 しばらくは完全完成を目指さずに公開展開図とシリーズ量産を目指していきたいと思います!
まずは未公開の「バンドウイルカ」と「v7.3対応神浜制服」をテストで進めてみます。

posted by くじら at 01:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。