2018年09月01日

折込造形■folded and hiddenの作り方

けっこう前に考案した展開図でのシワの折り込み指示■folded and hidden.(公開展開図ではアリス&ソクラテスから)。作成方法も安定し、これからも多用すると思うので、作り方を抜粋してまとめなおしました。

・展開図からパーツを切り出す前の注意点

■folded and hidden.の■と同じ色の部分も一緒に切り出してください。

folded_and_hidden_tc.JPG

接着する前に■folded and hiddenで示された色の部分を隠すように折り込んで、溝造形を追加します。

公開が2016年以降のPDF形式の展開図では目立ちませんが、それ以前のpdo形式での展開図はビューアー表示で、切り取り線が強調して見えます。しかし、印刷すれば目立たなくなります。

folded_and_hidden_tc.JPG

・折込方法

@ 2辺間の折り込み
基本形。指示色を囲む辺間を隠すように折り込みます。折込指示部は潰して平らにします。フリル等の折り込みも、この方法で作っていきます。

single_folded_and_hidden_tc.jpg 01-DSC01290.JPG

A 2辺間以上(屈折を含んだ)での折り込み
@と同じように折り込んでいきますが、仕上がりにちょっと差があります。

55-DSC01345.JPG joint_folded_and_hidden_tc.jpg

Aの部分がめり込む形になると思います。

56-DSC01346.JPG

折込指示部が狭く作り難い所が有りますが、その場合はどちらか1辺だけを折り込んで折込部を隠すようにします。潰して平らにしなくても作る事ができますが、隙間が目立ってしまう場合もあります(組み立ててしまえばそれほど目立ないレベルですが)

posted by くじら at 17:18 | Comment(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。