2017年11月01日

フルペーパー可動素体!

 長らく考えていたフルペーパー可動構造・・・ついに完成形となりました!!少ない部品数かつ市販のプリンター用紙で作成可能な所に拘りました。バンドウイルカの素体から関節パーツを縮小し接着面積を大きくした点とジョイント内部にスポンジボムをいれることにより素体のみでも自立ができるほどのに強度が向上しています♪
IMG_0796 (編集済み).JPG
 いまの15〜18cm程のサイズでの保持力があれば十分なので、初期の構想からかなり省略しています。まだまだ改良できる部分は有るのですが、それはまた良いアイディアが思いついた時に。先に配布出来る形としてフルペーパー可動モデルとして公開準備をしています^^
IMG_0797.JPG
 可動域はワイヤー使用もでるよりも狭くなりましたが、作り易さを優先しました。ゴムを使わなくてもなかなかの保持力がありますよ。それはバンドウイルカで実証済ですヽ(`Д´)b

posted by くじら at 21:11 | Comment(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。