2017年06月28日

フルペーパー可動チャレンジ!!

 最近ペーパークラフト作ってない?そんな事ないですよ。次作る物が決まって、さぁモデリングを始めるぞ!・・って所で今回は可動素体は部品の省略等で留めておこうと思っていたのですが、進めている内にワイヤーを必要としないフルペーパー可動構造を思いついたのです!100%紙で出来た可動モデルを作る事を第一優先と考えていたので、予定を変えて素体から修正しています。
 可動部分で悩んでいた所は多く有ったのですが、今のモデルサイズに条件を絞っていたので一番の課題は強度とサイズでした。可動関節を作るには少なくても2種の部品を接着無で組み合わせる必要と、円運動を維持する為程良い摩擦と強度が必要でした。サイズはφ7くらいまでと考えていたので、あまり細かな部品構造は不可。摩擦力を上げる為には単純に接地面を大きくする=サイズオーバー・・・。
しかし、今回は単純構造。サイズ。強度。これをクリア出来るかも!
pepa_kousou04.jpg pepa_kousou05.jpg
 試作で数個作ってみてジョイント一つでクリップ3個くらいは保持できてます^^張り合わせる部品数の調整でもうちょっと強度は上がりそう。そして保持力が下がってしまいますが、1方向だけでなく、簡単なねじる動きもできちゃいます。
pepa_kousou03.jpg
 構造はおおよそ形になりそうなので、実際に数字をまとめて、モデリングを進めています。試作ではちょっと小さいφ6.5で余裕を感じたので更に小さいサイズが可能かも(゜д゜)/
まだ時間がかかるかも知れませんが、一つの目標のゴールが見えたかもしれない!

posted by くじら at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック