2017年05月07日

けものフレンズ トキ 展開図説明と頭部の作成

 内部パーツはグウェンドリンと同様のv6をそのまま使用して作っているので、組み立ての流れは同じ。素体部分の組み立て説明は別途PDFにまとめています。固有フレーム部品はIC・IDがありますが、ほとんどが頭部の構造になります。

トキさん本体の固有パーツは下図の通りです。複雑な形状も少なく。グウェンドリンに比べればかなり作り易いはず。
kemofriend_toki_partszu.jpg IMG_0554.jpg
ページ1〜4は薄手の紙(0.12〜0.15mm)程がオススメです。 ページ5以降は骨組みとなる部分なので厚手の紙(0.20mm〜0.22mm)で印刷して下さい。
印刷用PDFの2ページはページ1両面印刷用です。
kmftoki_ryoumen.jpg
目次

・顔の作成
・前髪の作成
・後髪の作成

・顔の作成
付け替え表情はF1〜F3の3種類あります。鼻を別パーツにしなかったので、少し作りやすいかも。綺麗に見せる為に下図のように糊代を切り取り、メンディングテープで組み立ててから、ニスで仕上げています。
鼻中心から組み立て始めていきます。
kftoki_facecut.jpg
F2とF3は口内(Aパーツ)が別パーツになっているので、内側から取り付ける必要があります。
kftoki_fa.jpg IMG_0520.jpg
裏側にIC-FACE INNAERパーツを取り付けます。F1〜F3で共通になります。
IMG_0422c-thumbnail2.jpg
4パーツ後ろに3を取り付けます。
IMG_0424c-thumbnail2.jpg
2パーツを取り付けた後に1パーツを取り付けます。
IMG_0425c.jpg
・前髪の作成
頭部は顔・前髪・後髪の3つの部品を組み換え出来る構造になっています。大きな変更は有りませんが、強度と分り組み立て方を改善できたかな?フレーム部品のIDを先に組み立てて行きます。

ID-12〜14部品を接着。
kmftoki_hIN.jpg
16と先に組み立てた物を記号a部同士を接着。記号eの糊代部分は形に合わせて接着します。
IMG_0486.jpg
15と17は下図の様になります。△印の先が合うように組み立てて下さい。
IMG_0495.jpg
16の★印と15の★印部を接着。記号b部は隠れてしまいますが、この部分も接着して下さい。
IMG_0496.jpg kmftoki_hindc.jpg
前髪部品はH-7〜8の3つだけ。
IMG_0500.jpg
インナーパーツの*印部に接着剤を付け貼り合わせます。
IMG_0508.jpg

・後髪の作成
後ろ髪部分は内部構造変更は無いです。前髪もそうですが、可動のし易さと軽量化の為、髪の毛は短めに設計しています。ここも先にフレーム部品のIDを組立ます。

いちばん大きなID9・10は単体で組立ます。
IMG_0497.jpg
似た形の部品を下図のように組立ます。赤字の3・6は補強用です。使用しない若しくは内部に詰めてやります。ID9の内側へBと@を接着します。@は口の大きい方が下側になります。Aのパーツは組み立ての際に間に入れて使います。これはスペーサーの役割になりますので、頭部品の羽目合いが緩い場合に紙を張り合わせるなどして調節して下さい。
IMG_0349.JPG IMG_0510.jpg
9背面を10の記号c面を接着します。
IMG_0509.jpg
後髪部品(H)は下写真の物を先に組み立てます。
IMG_0504.jpg
3・4の部品は単体で組み立ててから、上記で組み立てたものの★印糊代へ形を合わせて接着します。
IMG_0502.jpg IMG_0512.jpg
HB部品も後ろ髪です。4〜7を組み立て、パーツ6先部裏側へID-11を接着します。
IMG_0511.jpg IMG_0514.jpg
1と3を接着し、出来たものと合わせます。
IMG_0507.jpg IMG_0515.jpg
その後にID10の裏側へ接着します。
IMG_0516.jpg
頭の羽HAは左右を組み立てて、下図のHとID10を組み立てた後の隙間に取り付けます。
IMG_0501.jpg kmftoki_HAadd.jpg
posted by くじら at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック