2017年02月23日

可動素体の先行配布と説明書のお話

 グウェンドリン本体はすでに完成していて、写真撮影してお披露目したいところまで来ているのですが、時間の都合で展開図の修正と説明文があんまり進んでいないです(;´_`;)
仕事の方も忙しくなる傾向にあるようなので、ますます時間が無くなる・・・そこで、展開図の配布方法と説明方法に工夫をしてみようと思います。今回の可動素体は前回のv5と作り方が重複する部分があるので、いつものようにブログで記事を書いていくとややこしいのでPDFで説明と展開図をまとめて先行配布しようと思います。
act_bone_t_mn.jpg
 今回で大まかな構想はまとまった感じがしますが、今後ちょいちょい修正していく予定なので同じような写真と説明を書くのは非常に効率が悪いので、ソフトでレイヤー分けして管理すれば修正も楽。ただ海外の方々には少々翻訳の手間とかがありそうなので、画像と図を多めにして配慮は考えていくつもりです。

posted by くじら at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック