2017年01月29日

新可動素体〜グウェンドリン進捗

 ハメ合わせの調整とかいろいろ問題有ったけど、内部フレームにメドがつきました。 分割多くてガタガタになるんじゃないか心配な部分がありましたが、そうでもない。 肩部の差し込み構造は外装も修正しなければならなかったので、構想から少し変更。 納得いかない部分はありますが、今回はこの構造で進めていきます。もうちょっとコンパクトに できそうなんだけどなー
guwact_make02.JPG
 素体パーツの構成です。まだ肉が付いてないですが、ここまで分解できるよ!肩〜腕・太もも部分以外を取り外しを可能にできました。部品数は1.3倍位になっちゃいましたが、組み順と修正が自由になり、キャラ毎のフレーム修正が楽になるはず。組み立てるのも楽しいかも。 まだ関節部分の修正案も考えていたのですが、また今度ふと閃いた時にでも!
guwact_make04.JPG
 グウェンドリンの羽フレーム。先に骨組みだけを試作しましたが、谷折りと山折りパーツがややこしいので、展開図に番号と谷折りを強調して作りなおしてました。組み立ての方は時間をかけて悩んだのでスムーズに。後は外装のパーツ干渉が気になる所ですが、何もないことを信じています(゜д゜)/
guwact_make01.JPG
 内部構造が終わってやっと本体構造に入った所。骨の状態から徐々に人間らしくなっていきます。 体を作り終わったらだいたい半分くらいかな?ここまで4ページ。まだ表情パターンと台座データ 作ってないので、合わせて考えて行こうと思います^^
guwact_make03.JPG

posted by くじら at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック