2012年09月02日

新しい発見

今回はモデル作製の前にいろいろと新しい方法を考えています。 髪飾り部分とシワの造形をフリーハンドでテストしていたんですけど、ちょっと顔のパーツも作りたくなってきて遊んでいたら、新しい発見がありました
(゜д゜)/

どうでしょうね?まず”顔”に見えるかですけど。新しい発見と言うのはコレ、紙1枚で出来てます。表情と顔の造形は調整が効かないかもしれませんけど。今までの展開図では目と鼻・ホホの部分は1パーツでは再現できず、必然的に顔の真中に繋ぎ目を作るしかありませんでした。もし1つのパーツで再現できたなら、パーツ数が減るのはもちろん、より仕上がりが綺麗になるかもしれません( ̄ц ̄)

DSC00015.JPG

DSC00016.JPG

もうちょっとアイディアが必要ですね><フリーハンドで作っているので、どうモデリングするかです。同じような形にモデリングしても展開図は四角くならないだろうしf(;´_`)一回バラシテみて、モノサシで寸法を測って・・それから・・モデルにぃ・・ぐふ。即採用にはできないですね
<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...
どうやって作ったんだろうか?自分でもさっぱりです(笑)

posted by くじら at 13:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペパクラけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(^_^)

フリーハンドでなんとなく紙をいじってて、偶然に理想の形になることって確かにありますよね。
切り開いたもの(折り線はペンでなぞっておいて)をスキャナーで取り込んで、ドロー系のソフトで形に添って線を引いてみるとかどうでしょうか。
Posted by Hol_nice at 2012年09月02日 17:42
はじめまして^^Hol_niceさん。

なるほど、スキャナーとは思いつきませんでした。さっそく試してみます^^紙モデル→3Dモデルとばかり考えてしまっていて全然アイディアが浮かびませんでした(゜д゜)/

アドバイス有難うございます!
Posted by くじら at 2012年09月02日 19:10
ページ先頭へ戻る
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック