2018年01月23日

V7.1可動素体〜ボディの作り方

 部品省略でv6.0から部品数が少なくなっています。部品のサイズと差し替え構造は同じなので、v6.0モデルと相互性があります。
pjv71_bildparts.jpg

目次

1.展開図説明

2.本体素体の組立方
3.追加部品など





続きを読む
posted by くじら at 21:00 | Comment(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

V7.1紙関節の保持耐久を上げるには

 v7.1可動素体は、少ない部品で市販紙で作れるように設計しましたが、ジョイントパーツは仕上がりに個体差があり、安定しない場合があります。どうせ作るなら、長く保てる方が良いですよね。ジョイント設計を変えずに加工方法だけで改善できないか、いろいろ試していました。紙を変えたり、シール貼ったり、塗料を塗ったり、・・・etc。
IMG_0758.jpg

以下、いろいろ試した中で特に効果があった補強方法を紹介します。★星の数はオススメ度です。

  • 木工用ボンドを塗る★
     ボンドは硬化すると強度がでるので、負荷の掛り易い部品の裏に薄く塗ると補強と摩擦力upになります。JB部品の裏側。特にJC・JBの摩擦面全体に塗れば、安定性が向上し、保持力があがります。塗りムラで硬くなりすぎる場合もありますけど。

  • 液体ゴム★★
     ボンドを塗る事と考え方は同じ。ボンド以外の液体塗料を探していた時期がありました。その時、試してしっくりきた物が液体ゴムです。補強と同時にゴムの摩擦力が手に入る優れもの。筆で塗れて、乾燥も速いので使いやすいです!ジョイント部分以外にも可能性を感じる製品。色も種類があるようですね。

  • 粘着付スポンジゴム★★★
     一番手軽で効果が大きい方法です。JA部品の間に3mm角程に切ったスポンジゴムを入れてあげると締め付けられた時にゴムの戻ろうとする力と摩擦が加わり保持耐久力が上がります。スポンジゴムは厚さ3mm程の片面テープがあるものを使っています。ホームセンターで探せばあると思われます。
    IMG_0790.jpg

  • 滑り止めテープ★
     東急ハンズで見つけた、極薄すべり止めテープなる物があります。0.2mmで片面テープ仕様。貼るだけで簡単にグリップ力が上がります。ただ、ジョイント部に綺麗に貼るのは難しいです。どちらかと言えば、抜き差し接続を行う部分に貼る使い方のが向いてますね。

  • 100%紙を目指すなら★★
     オールペーパーに拘るなら、ジョイント構造にあった紙を探すしかないでしょう。手触りがざらざらした紙が、ジョイント部品に向いていると思います。厚手のクレープペーパー、プリンター対応和紙などが手頃でいいかも。ただし、市販のフォトマット紙0.22mm厚を基準に作っているので、これに合わせる必要があります。時間があったら試してみようと思ってます。

     どの方法も合わせると相乗効果がありますが、「液体ゴム + スポンジゴム」の組合せは抵抗が大きくなりすぎるようです。上記の組合せでは「ボンド補強+スポンジゴム」がベストだと思います。



posted by くじら at 23:58 | Comment(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V7.1可動素体〜紙関節の作り方

 v7.1素体ではワイヤー頼りの構造から、念願の紙だけで組立と可動が出来るモデルとなっています!新関節を取り入れたと同時に、可動個所を少なくし、部品差し替え構造に変えるなど強度・作り易さの見直しも行いました。その結果、骨組み状態でも自立ができるほどに安定しました^^

 しばらく時間が空いてしまってから書いた記事なので、編集ミスや分りにくい点があるかもしれません。その時は気軽に連絡もらえるとありがたいです^^
pjv71_bildparts.jpgIMG_0787.jpg

pjv71_01b.jpgpjv71_01a.jpg

目次

1.作り始める前に

2.ジョイント(関節部品)について3.ジョイントの作り方




続きを読む
posted by くじら at 21:09 | Comment(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする