2018年05月16日

ペーパークラフト デッサン人形2(可動基本素体)

 可動ペーパークラフトシリーズ第4号。デッサン人形?と、言うよりは可動素体の基本モデルです。紙可動素体の安定版を採用。関節構造、強度、分解構造を見直すことで、19個所の関節可動と部品差し替えで様々なポーズが可能なモデルです!そして、素体から外装パーツを全て交換できるので、素体1つで様々なキャラクターへ組み替える事が出来るように!紙だけで作れる「着せ替え可動ペーパークラフト」」シリーズとして展開していきますよー!

デッサン人形用途では前作の「デッサン人形」のが可動個所が多く適しているかもしれません。

☆クリックすると画像を拡大します
画像 画像 画像 画像 画像
画像 画像 画像 画像 画像


 やっと素体作成に一息つけた感じです。今思いつアイディアを全て詰め込めたと思います(゜∀゜)/
これからは設計も素体の形状に合わせて作っていけるので、作成時間も短縮。分解構造で全体の修正も少なく済むと思うので、量産体制の基盤が完成♪作るも修正するもアレンジするも自由自在。可動ペーパークラフトは次のステージに突入!


【追記】組立説明にもありますが、素体の工作には0.22mm厚のフォトマット紙・その他は0.15mm厚のスーパーファイン紙が推奨です。関節部品は0.24mm厚のマーメイド紙で作ると保持力があがります。
展開図データ
公開 2018/05/16
完成サイズ 高さ15cm程
用紙 A4サイズ 5枚〜
印刷用データ
Download(.ZIP)
v7_3_pose_doll_body_full_v1_1.zip
※ファイルは
.ZIP形式で圧縮されています
Mediafire.comからダウンロードします。
データは印刷用PDFと工作補助用.pdoになります。

c 2018 kujira

posted by くじら at 01:17 | Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

v7.3可動基本素体の部品交換方法

 各部品の差し換えで素体から全てをパーツ交換できるv7.3素体。キャラクター専用の素体構造以外は同じ方法で部品交換が出来ます。ただし、同じ形の部品を作っても、組立誤差はあるので、微調整して組みつけるように。フィギュアのように部品の取り換えができる・・・!とは言え、やはり紙なので扱いは慎重に・・・。部品交換が難しい所はあると思います。サイズを大きくすれば改善できる問題もありますが、このサイズに拘りたいのでまだまだ改良の余地がありますね!
目次
続きを読む
posted by くじら at 00:06 | Comment(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

V7.3基本可動素体〜外装パーツ作成・組立

 キャラクターによってパーツ形状は変わりますが、基本可動素体に限らず、その他の同素体キャラクターなら素体への部品取付方法はあまり変わらないと思います。作り方の流れも同じような流れになります。
外装パーツの印刷用紙は少し厚めの0.15mmのスーパーファイン用紙がお勧めです。
 部品には分り易いように下図のような部位毎に、部品へ記号と番号を振ってあります。この部位単位で素体に取付&分解できる構造となっているので、どの部分からも組み立てる事ができます。
v73outmk_v73_outparts.jpg
キャラクター毎に固有部品や組立方が異なる場合、別途記事で説明を分けていきます。
v7.3素体共通の作り方
続きを読む
posted by くじら at 23:38 | Comment(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

v7.3可動素体〜ボディの作り方

 v7.1素体からの変更点は、素体からの外装パーツの全分解を可能にできたこと!素体1つ有れば、少ない部品作成でキャラクターを作る事ができるように!可動着せ替えペーパークラフトとなりました♪
v73bdy000.jpg
素体部品も分解できるものが増えたので付け替えの自由度もあがりました。比例して難易度があがってしまっているかもしれません。が、部位単位での組み立て・修正が容易。1つ作れば他キャラクターに着せ替え可能な点など多くのメリットがあると思っています。
v73bdy001.jpg
 基本的なパーツ構成はv7.1素体からは変えていません。部品番号も変えていないので、作り方の流れは大きく変更した部分以外、ほとんど「V7.1可動素体〜紙関節の作り方」と同じになります。大きな変更点は股下部分の構造変更と、差し込み部品抜け防止用部品Q7の増設です。v7.3から追加・変更した要素は【v7.3】としてあります。
※写真を流用しているので、実際のものと異なる所があります。
目次
2.本体素体の組立方
続きを読む
posted by くじら at 17:09 | Comment(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする