2016年09月25日

2体同時進行

 勢いで2体同時モデリングを開始しました。部品少なそうだからベルベット作ろうかな。グウェンドリンは旧モデルから部品を拝借。スケール調整だけで、なんかもう出来そう・・。素体がもう固定なので、部品を上にのせていくだけで済むのでここまではスムーズ。あとはキャラ毎に特徴を強調してあげれば・・・。可動モデルなので、ポーズ付けは省略して、対象のままUVも展開してしまおう。
gwn_vlv_model1.JPG


vlv_m1.JPG
 素体は腰部分で可動するようになっていますが、ベルベットは胸付近で可動できるようにした方が見ため的にも自然かもしれない。キャラ毎に複数種素体を作っっておこう。グウェンドリンは翼が展開と収納を出来るようなギミックを^^

posted by くじら at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

可動素体とりあえずの完成

 どうも今の15〜20センチくらいのモデルに拘りたかったので、試行錯誤をしていますが、このサイズだとどうしても可動関節部分を作り込もうとすると部品点数が増えてしまいます。強度をだそうとおもえば基本的に関節パーツを増やし摩擦を増やさなければなりません。また、関節の摩擦が上がれば、それを支えるフレーム部分の強度アップを必要になってきます。うーんどうしたものか。当初は紙だけで可動を実現しようとしましたが、今のサイズに収めようとすると難しいようですね。紙だけでは保持力がないので、ワイヤーを通しています。今のところはこれで素体の完成としましょう。

 デッサン人形としても使えそうなので、次のモデルを作りながら素体の配布準備をしていきます。

■可動部ペーパーピボット

 可動部毎にこの構造を取り入れてます。調べてみると、いろんな可動構造がありますしたが、お手軽に作れる方法で円を基本に作っています。メリットとしては、穴あけポンチで量産出来る事と、円の形を基準に複数種を作ることができます。
基本の型。穴の中に爪を引っ掛けて回転できる構造にします。爪は2枚にしてあります。この爪の枚数を多くすれば摩擦が上がり保持力が上がりますが(気持ちょっとだけ)、サイズの関係で爪2枚に統一。  派生形。基本の型より設置スペースを取りますが、強度が上がります。これと軸受パーツで回転します。ただし、保持力はありません。
IMG_0152.JPG
 同パーツで挟み込みこんで固定。複数個重ねれば、同軸パーツを複数個回転できます。 あともう一種ありましたが、作成難度と強度不足のためボツとしました。とりあえず、この2種類の構成になりました。

posted by くじら at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

4頭身なデッサン人形用途なら

 耐久テストとか兼ねていろいろ動かしてますけど、なかなか頑丈なようです。4頭身のデッサン人形としては役に立ってくれてます。激しいポーズとかは保持力が怪しいですが、おとなしめなポーズのお供に。
IMG_0089 (編集済み).JPG
でもあくまで素体が完成しそうなだけなので、今後の展開も考えていかなければ
(゜д゜)/
大きさは一回り大きくして、14〜15cm位の4頭身キャラになる予定。これ以上頭身を下げると、可動構造を省略しないと関節部品の作成が厳しくなってしまいます。素体が完成すればあとはキャラクター毎にパーツを上から張り付けるだけで完成!・・・とか簡単に考えてますけど。作ってみないとわからないですね。

 候補として、ちょうど休業前に作ろうとしてた、ベルベットのゲームSDキャラ頭身がだいたい4頭身位だったりします。
sh_defo_velvet.jpg
 露出多めで、装飾少なめなので作れそうな気がする!武器にはワイヤーを入れて上げれば自在に動きそうだな〜と。
sh_defo_guwendlin.jpg
 ついでにデフォルメグウェンドリンを考えてみる。装飾とかでかなり苦労した思い出が・・・。翼とかも動いたら面白いかも!

他にも作りやすそーな制服キャラとかも考えてます。とりあえず素体が完成しないと進めないので残りをがんばろー。

posted by くじら at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

可動部品の調整とか

 関節部分の試作中。足りない部品をフリーハンドで作ったり、補強用にパーツを追加したりとか、最初の図面から変更点がけっこうあります。モデリングの時にも関節の干渉とか確認はしてますが、実際に組んでみると隙間ができてしまったりとか。
move_model_rip2.JPG

 形状の変更で若干足が伸びたかも。その分動きに余裕はできたはずぅ。
IMG_0025.JPG IMG_0018.JPG

 構造的には何種類かのペーパーピボットだけで組める予定。試作は一つの関節部品がバラバラなので、この部品をできるだけ共通部品で作れるように修正しました。
IMG_0016.JPG

一つの関節にこんなのが、2つ以上要ります。結構必要なので、穴あけポンチを買ってきた!ちょっとは作業が楽に。それと、接合部分にちょっと一加工しています。これでポーズ保持力が上がるかも。完成までにはもうちょっとかかりそうです。

posted by くじら at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする