2017年06月28日

フルペーパー可動チャレンジ!!

 最近ペーパークラフト作ってない?そんな事ないですよ。次作る物が決まって、さぁモデリングを始めるぞ!・・って所で今回は可動素体は部品の省略等で留めておこうと思っていたのですが、進めている内にワイヤーを必要としないフルペーパー可動構造を思いついたのです!100%紙で出来た可動モデルを作る事を第一優先と考えていたので、予定を変えて素体から修正しています。
 可動部分で悩んでいた所は多く有ったのですが、今のモデルサイズに条件を絞っていたので一番の課題は強度とサイズでした。可動関節を作るには少なくても2種の部品を接着無で組み合わせる必要と、円運動を維持する為程良い摩擦と強度が必要でした。サイズはφ7くらいまでと考えていたので、あまり細かな部品構造は不可。摩擦力を上げる為には単純に接地面を大きくする=サイズオーバー・・・。
しかし、今回は単純構造。サイズ。強度。これをクリア出来るかも!
pepa_kousou04.jpg pepa_kousou05.jpg
 試作で数個作ってみてジョイント一つでクリップ3個くらいは保持できてます^^張り合わせる部品数の調整でもうちょっと強度は上がりそう。そして保持力が下がってしまいますが、1方向だけでなく、簡単なねじる動きもできちゃいます。
pepa_kousou03.jpg
 構造はおおよそ形になりそうなので、実際に数字をまとめて、モデリングを進めています。試作ではちょっと小さいφ6.5で余裕を感じたので更に小さいサイズが可能かも(゜д゜)/
まだ時間がかかるかも知れませんが、一つの目標のゴールが見えたかもしれない!

posted by くじら at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

ペーパークラフト けものフレンズ トキ(可動Var.)

 けものフレンズからペリカン目トキ科トキ属のトキさんです。可動素体採用の組み立てて動かせるペーパークラフトのフレンズだよ!可動構造が一区切り?した所で今度はシンプルな題材を探していたのがきっかけ。フレーム構造はグウェンドリンをそのまま流用しているので変更は無。可動部を作るだけでも手間がかかるので、今回は形状の省略化をしています。そのおかげかな?独立可能になった。わーい!
アニメは終わってしまいましたが、ありがとう。けものフレンズ。

同じ構造だからグウェンドリンと付け替えて遊べるよ(゜д゜)/

展開図データはページ下部にデータサイズの都合があり、印刷用PDF・工作補助用PDOデータを分けて位置してあります。素体部分の説明は前回と同じPDF説明書があります。 前作よりも部品は少なく作り易いものの、やはり手先が器用なフレンズか根気があるフレンズでないと厳しいかも。

☆クリックすると画像を拡大します
画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像


 可動部分に悩まされずに好きなキャラを好きに作れたと思います^^
最近ではペーパークラフトに限らず素晴らしい作品を目にする機会が多くあります。ペーパークラフトも一概には言えず、ディテールが細かいモノ。デザインが素晴らしいモノ。それぞれ個性や拘りがありますね。人によっては複雑なだけに思えるかもしれませんが、可動モデルがこれから自分のシンボル的な作品になれば良いなと思います♪


展開図データ
公開2017/05/14
完成サイズ高さ17cm程
用紙A4サイズ 7枚〜
印刷用データ
Download(PDF)kemonofriends_toki_v1_4.zip
※.ZIP形式で圧縮されています

このデータはPDF形式です
PDO DATA(工作補助用)
Download(PDO)kemonofriends_toki_v1_4full.pdo
※.ZIP形式で圧縮されています

このデータは工作補助用のPDOファイルです

© 2017 kujira

posted by くじら at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

けものフレンズ トキ 体の作成

 素体の組み立てが終わって対応個所が分ったら、特に難しい個所は無いと思います。重複する説明が多かったのでトキさん固有個所だけをピックアップ。
外装パーツ表v6.jpg
目次

・上半身の作成
・下半身の作成

続きを読む
posted by くじら at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けものフレンズ トキ 展開図説明と頭部の作成

 内部パーツはグウェンドリンと同様のv6をそのまま使用して作っているので、組み立ての流れは同じ。素体部分の組み立て説明は別途PDFにまとめています。固有フレーム部品はIC・IDがありますが、ほとんどが頭部の構造になります。

トキさん本体の固有パーツは下図の通りです。複雑な形状も少なく。グウェンドリンに比べればかなり作り易いはず。
kemofriend_toki_partszu.jpg IMG_0554.jpg
ページ1〜4は薄手の紙(0.12〜0.15mm)程がオススメです。 ページ5以降は骨組みとなる部分なので厚手の紙(0.20mm〜0.22mm)で印刷して下さい。
印刷用PDFの2ページはページ1両面印刷用です。
kmftoki_ryoumen.jpg
目次

・顔の作成
・前髪の作成
・後髪の作成

続きを読む
posted by くじら at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする